口コミや評判で河原町の着物レンタルを徹底比較

納涼床


納涼床の基礎知識

納涼床とは、京都や大阪で夏の風物詩の一つとして登場している座敷の一種で、料理店や茶屋が「屋外で尚且つ川が見える場所」に座敷を作り、お客様に料理を提供して楽しんでもらっています。
主に毎年5月から9月に掛けて開かれており、京都に流れる幾つかの有名な川周辺で美味しい料理を楽しむ事が出来るのが大きな特徴の一つです。
特に一番規模が大きいのは京都市に流れている「鴨川」周辺の納涼床で、毎年時期が来ると鴨川周辺には何と90軒程の店が並び料理を提供しています。
提供されている料理の種類もとても豊富になっていて、京都の名物料理はもちろんの事世界各国の料理も楽しむ事が出来るようになっているのが魅力的な要素の一つです。
また、一部の大衆的なチェーン店も納涼床で料理を提供している例もあるので、興味のある方はぜひ調べてみると良いでしょう。

納涼床の歴史について

納涼床が誕生したのは江戸時代の頃で、とある理由により当時に鴨川の河原が見世物や物売りで賑わい、それにともない一部の商人達によって見物席や茶店が作られたのが始まりです。
時代が進むと共に石垣や堤、花街などが付近に形成されていき、やがて鴨川周辺は歓楽街として多くの人々で賑わっていく事になったのです。
この過程で納涼床の文化は誕生し、江戸時代中期には多数の茶屋によって組織化も進み、多くの人々が楽しめるように発展が続いていきました。
第二次世界大戦が起きた時には、一度「納涼床」の文化は消えてしまいましたが、戦後数年が経ってから一定の基準が策定されるようになり、再び納涼床の文化は復活し現在に至っています。
現在では納涼床の文化を未来へと伝えていこうとする動きを見せている団体もあり、彼らの尽力によって今でも納涼床の文化は伝えられているのです。

この記事のまとめ

以上が、京都や大阪で夏の風物詩として登場している座敷の一種「納涼床」の大まかな特徴や歴史に関する話です。
皆さんも、京都や大阪へ観光に訪れた際には、ぜひ納涼床の楽しさを味わってみてください。

 着物レンタル河原町ランキングTOP5

料金7,800円
貸出時間最大3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料
料金6,800円~
貸出時間最大2日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金1,980円~
貸出時間3泊4日
その他 ・フルセット ・往復送料無料 ・クリーニング不用
料金4,980円~
貸出時間記載なし
その他 -
料金9,800円
貸出時間最大6日以上
その他 ・着付けかんたん

ページトップへ戻る